お店の顔が見える、そんな日々の想いをお届けします。


by hantarou_namico
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

たこ焼き屋さん

f0206918_1330118.gif


新しいお店を開業されるお客様です。
和泉市観音寺町の 今、話題のたこ焼き屋さんです。
テレビでも紹介された秘伝の味で お聞きしてるだけで あぁ おいしそう!です。
お近くの方も 遠くの方も 通りがかったら是非 立ち寄ってくださいね。
たこ焼きは大好き、私も 開店が待ち遠しいですね!
[PR]
# by hantarou_namico | 2011-09-20 13:33 | すてきなお客様

今日は敬老の日

雨が多いこのごろですが 朝からいいお天気です。
お昼前に 
海を見ていた夫が 突然
「近鉄百貨店でお弁当買って和歌山城行こう!」

   夫はお城が好きなんです。

f0206918_12402888.jpg

   好きだなぁ・・・石積み。

「いつもより 静かやね」・・・・・私
「せみの声が少ないから」 と、夫。

さわやかな風の中で ツクツクボウシの声を聞きながら
小さな子ども達の走り回る姿をながめつつ
美味しいお弁当いただきました。

そして、ゆっくりお城を後に、下って行き
「今日は敬老の日だし 特別ね。」と言いながら
お城の前の喫茶店でコーヒーとケーキを・・・・・


今日はいつもの倍の運動しなければ・・・・あぁ・・・・ちょっと後悔。
でも 今日の一日も楽しかった!
[PR]
# by hantarou_namico | 2011-09-19 11:38 | 店長ブログ
40歳代の竹田さんとお会いしたのは数年前ですが、はじめてお会いした時から
いつも「にこやかなお人」でした。
お会いする度に、
【いきいきと楽しんで、リサイクルのお仕事をしていらっしゃる】
のが伝わってきます。
人は生きている限り、心身ともに、健康で元気に働きたいものだと思います。
竹田さんのように、
私も楽しくて好きな仕事で誰かのお役にたつ働きを、笑顔で し続けたいですね。  
f0206918_23434292.gif

          竹田様から頂いたチラシをコピーしました。
[PR]
# by hantarou_namico | 2011-09-16 10:35 | すてきなお客様
毎日 いろんなお人と話しているといろんな人柄に出会える
時には 悩みをお話になるお人もいらっしゃる



先日のあるお客様は
離婚をしてお子さん二人を育てながら 辛かったことを 淡々と 過ぎた事ですと語り始められました
さして 最後には笑顔で 「今は幸せだ」と。
良かったなぁと思うと共にお話から 『もともとは明るい性格』で本来の姿に戻られたのだと気づきした
元気に生きていくには 楽観的で おおらかな気持ちを根底に持つことが必要だと思います

私は毎日楽しく接客をしているけれど 時には・・・・・・辛くなる時もあります
それは
自分の基準の中にはない 言葉が返っててきて、びっくりして慌ててるだけなのに
私の心が勝手に何とかしようとして それ以上の反応をしてしまい、
辛くなったり 情けなくなったり・・・・・挙句に 否定し拒否して逃げ出したくなる
静かに落ち着いていくと解かってくるのだけれど・・・・・・・しかし
いちど沈んだ気持ちは そう簡単に明るくなるものではない


そんな時よく考える様にしていることは
「どんな場合でも初対面の人にでも 親しい人にでも 否定的な言葉使いだけはしないようにしなければ]と。
聞いた私がこれだけ 嫌な思いをしているんだから。
聞かされた私が これだけな情けなくなるんですから。

先日のお客様のように
私のもともとある (かな?) 『明るい性格』 をしっかり表に引き出しておきましょう。

私は幸せなことに
毎日、たくさんのお客様と出会い、会話が出来ますから
嫌なこと辛いことで 沈んだ気持ちも ・・・
お客様の【楽しい、優しい言葉】で癒されています。

赤ちゃんの笑顔を見ているときと同じ 喜びを感じさせてもらえます。
いつも 笑顔の人は本当に素晴らしいと思う。

あるお客様がこんなことおっしゃってました。
【自分の言ったことも 二日たったらわすれること。】
いつもいつも 一瞬一瞬を真剣に生きていたら 何を言っても、しても悔いが残らない
ということでしょうね。
私には 難しいですねぇ。
[PR]
# by hantarou_namico | 2011-07-15 11:29 | 店長ブログ
携帯が突然 鳴り響きました。 ドキッ!

「和歌山北部 震度5強」とありました。
帰宅途中でした 車道の電線は大きくゆらゆら 揺れています。
すると 夫の携帯が鳴りました。
娘から第一声 「大丈夫!」
   <心配してくれてありがたいなぁ>

自宅マンションに着きましたが エレベーターが止まっています。
そこに管理人さんがいらしたのでお尋ねすると いつ動くか解からないとのこと。
「えぇぇ! 歩いて行けるかな? この荷物どうしようかな? しんどいやろうな。」
と勝手に頭でグルグル考えていました。

すると夫が 「じゃ 晩御飯食べに行こうか。」 ですって。
その言葉に救われるような気持ちになって 食事に行きました。


しかし まだエレベーターは止まったまま・・・


「さぁ、階段を上ろうか。」の夫の言葉
内心私は<直るまで車に居りたいな>と思いつつ
「どれぐらいかかるかな?」と言うと「10分位だろう」と。
信じられませんでしたが 
結果は夫の推測どおり19階の我が家まで10分以内でした!!
                <へぇ、驚きの早さです 私には >

途中 何度も休憩しつつ ゆっくり上がりました。
<ああ 食事をしてきたからだわ、上れた。良かった!> と・・・・・<笑>



物事を最初からあきらめるような私ではないと思っていましたが・・
自分勝手な私自身であることに気が付き、反省です。

九州に住む 妹からもメールが入って、嬉しい気持ちです!

      ・
      ・
      ・
     
今朝 エレベーターは動いていました。
ありがとう。
日々の普通の生活が いかに快適であるかをまた思い知らされました。



   














[PR]
# by hantarou_namico | 2011-07-06 10:18 | 店長ブログ